目のクマ治療の極意|年齢に負けるな!目のクマを治療して美魔女に

毎日のケアが肝心!目のクマ治療は美白と血行がポイント

目のクマ治療の極意

女性

目にできるクマの種類

目の周りの皮膚は非常に薄くデリケートなため、体調の変化や刺激に敏感です。仕事などで夜遅くまで起きていると、次の日に目にクマができてしまった経験がありませんか?また、寝不足でもないのにクマができて困っている方もいるでしょう。クマはその原因によって、茶グマ・青グマ・黒グマと大きく分けて3種類あるので、必ずしも疲れを取れば解消するわけではありません。クマのせいで疲れて、あるいは老けて見られたくないのなら、この3種類の内のどれが自分のクマに当てはまるのか把握しておきましょう。そして、それぞれに合った解消法や治療を行うようにしましょう。

クマの種類によって原因が違う

まず、茶グマの原因についてですが、これは色素沈着、つまりシミと同様のものです。紫外線だけでなく、洗顔時の摩擦や、アトピー性皮膚炎などによるかゆみで目をこすることも要因となります。よって目の下だけでなく、瞼にもできる可能性があります。次に青グマですが、これは目の周りの毛細血管の血行不良に起因します。
色白の人に多く、生活習慣の乱れによる睡眠不足や疲労、ストレスや目の疲れなどに注意が必要で、若い年代でも起こり得ます。黒グマについては、加齢により皮膚が薄くなったり、たるむことによって起こります。
目の周りの筋肉の衰えがが発端となり、むくみがちな人に多く、コンシーラーなどで隠すことができないのが特徴です。

目のクマを治療する方法

茶グマの解消には、UV対策と同様のケアが必要です。日焼け止めはもちろん、ビタミンC誘導体など美白成分の入った化粧品を使いましょう。また、化粧を落とす際などは、肌への負担を抑えて優しく行うことが大切です。青グマに対しては、マッサージやホットタオルで目の周りの血行を促進することが有効です。適度な運動や半身浴、葉酸を含む食材の摂取などで全身の血流を良くすることも効果があります。黒グマには、ヒアルロン酸の注入やコラーゲン強化、表情筋のトレーニングでたるみを解消する必要があります。更に、これらのクマが混合している場合もあるので、気になる方は専門家に相談してみましょう。